シミウスジェルの副作用は?これ知らないとヤバイ!

敏感肌さん必見!シミウスジェルの成分は副作用が出ない?

シミウスジェル,副作用

 

累計販売500万個を突破した話題のシミケア商品「シミウスジェル」。

 

毎日使うことで少しずつ気になるシミに働きかけてくれると人気になっていますが、シミが薄くなると言うことは「強い成分が入っているの?」って、心配になりますよね。

 

シミが薄くなっても肌トラブルが起きては本末転倒。

 

そこでシミウスジェルには副作用がないのか調べてみました。

 

シミウスジェルの成分

シミウスジェル,副作用

 

シミウスジェルに配合されている全成分は以下の通りです。

 

有効成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • プラセンタエキス

 

シミウスジェルに配合されている有効成分は2つになります。

 

有効成分とは?

 

効果・効能に対して薬事法に基づき承認をうけた成分のこと。

 

つまり、効果が法的に認められているんですね。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草(カンゾウ)の根に含まれるグリチルリチン酸から作られる成分です。

 

成分表にグリチルリチン酸2Kと表記されていることがありますが、どちらも同じ成分になります。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、肌の炎症を抑えたり肌荒れを防止してくれる役割がありますが、肌が白くなる効果はありません

 

美白って聞くと、多くの人は「白い肌」を思い浮かべると思いますが、本来の美白と言うのは、シミやくすみがない肌のことを言うんです。

 

そして美白になるためには、血行促進や新陳代謝を上げることが大切

 

血行が悪かったり、新陳代謝が良くないと老廃物をちゃんと排出できなくなり、それが肌の中に溜まってシミやくすみの原因になります。

 

グリチルリチン酸ジカリウムを使うことで、ターンオーバーを正常化して老廃物をしっかりと排出する環境を整えてくれます

 

副作用はないの?

 

結論から言うと、副作用の危険性は極めて低いと言えます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方や飲み薬にも使われているくらい安全ですが、肌に使う場合は100g当たり0.5%未満の配合量になるように定められているんです。

 

 

なので少し多めに使ったとしても、副作用の心配はしなくてもOK!


 

さらに、甘草(カンゾウ)の根から抽出されている植物由来なので、刺激が少ないのも特徴

 

敏感肌やアトピーの方でも使えるくらいお肌にやさしいので安心して使えます。

 

プラセンタエキス

 

シミウスジェルのもう一つの有効成分であるプラセンタエキスの作用としては

 

  • ターンオーバーを促しくすんだ肌を改善
  • くすみやシミの原因「メラニン」を抑える

 

この2つの効果が期待できる女性にとっては嬉しい成分です。

 

年齢を重ねるとどうしても肌のターンオーバーは遅くなってしまうもの。

 

シミウスジェル,副作用

 

 

20代では約28日で肌の細胞が入れ替わりますが、40代になると55日かかると言われています。


 

肌の細胞の入れ替わりが滞ると、いつまでも古い細胞が排出できないのでシミやくすみが治らないんですね。

 

プラセンタエキスにはこの滞った細胞を排出してくれる作用があるので、ワントーン明るく透明感のある肌に生まれ変わらせてくれます

 

プラセンタエキスの副作用は?

 

プラセンタには注射やサプリメントなど直接、体の中に摂り入れる商品もあります。

 

特にプラセンタ注射は効果がある一方で、感染症などのリスクがあるため一度でも使うと輸血できません。

 

 

感染症の危険性は極めて低いですが、100%安全ではないためです。


 

サプリメントの場合は注射に比べると安全ですが、発疹やアレルギー反応が出る場合もあります。

 

では、コスメとして使う場合はどうでしょう?

 

コスメに配合されているプラセンタは、アレルギーの原因となる成分やホルモンなどを除去しているので安全性が高い成分と言えます。

 

全ての方に副作用が出ないわけではありませんので、心配な方はパッチテストを実施してから使うことをおすすめします。

 

その他の成分

精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料

 

これだけ見ても、さっぱりわかりませんよね^^;

 

ざっくり分けると

 

  1. 保湿成分
  2. 天然エキス成分
  3. 添加物

 

この3つになります。保湿成分や天然エキス成分は特に問題ないと思いますが、気になるのは「添加物」です。

 

化粧品の添加物とは?

 

使用感を向上したり、良い香りや使用期限を延ばすために配合されています。

 

最近のコスメは無添加のモノが多いですが、添加物が全て「悪」ではありません。

 

ですが、石油系界面活性剤などは肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があるので、できれば避けたい成分です。

 

シミウスジェルに配合されている添加物は

 

  • 人工着色料(青1、赤106)
  • 香料

 

この2点です。

 

人工着色料(合成着色料)はタールで作られていることが多いので心配になると思いますが、「青1・赤106」は、食品にも使われているくらい安全です

 

香料は文字通り「香り付け」のために使われています。

 

化粧品に使われている香料は合成香料と呼ばれるもので、石油から合成されていることがほとんどです。

 

人工的に作られた合成香料を使うと、アレルギーを引き起こしたりする可能性があるとも言われています。

 

ただ、これも極めてリスクは少ないので敏感になることはありません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

どの様な商品にも言えることですが、副作用がゼロのモノはありませんし、無添加だからと言って、全ての人が安全に使える訳でもありません。

 

口コミを調べてみても肌トラブルが起きる人もいれば、問題なく使える人もいます。

 

結局のところ、自分で使ってみなければ分からないのが真実

 

シミウスジェルは使って効果がなかったり、肌トラブルが起きた時に使える全額返金保証がついているので、気になる方は試してみても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

page top