シミウスジェルは肝斑やそばかすに効果アリ!?効かないシミはこれ!

シミウスジェルで効果がないシミは?自分のシミをチェック!

シミウスジェル効果

 

芸能人も愛用しているシミケア商品「シミウスジェル」。

 

シミウスジェルは商品名の通り「シミ」を「薄く」してくれると話題になっていますが、どんなシミにも効果があるのでしょうか?

 

そこでここでは、シミの種類とシミウスジェルでは効果がないシミを紹介していきます。

 

 

あなたがどの種類のシミに当てはまるのか確認して購入すれば失敗は防げますからね。


 

シミウスジェルが効果ないシミはこれ!

 

シミと一言でいっても以下の5種類があります。

 

  1. 老人性色素斑
  2. 脂漏性角化症
  3. ソバカス
  4. 炎症後色素沈着
  5. 肝斑(かんぱん)

 

こんなに多くのシミの種類があってビックリしますよね。

 

この中でもシミウスジェルを使っても効果が期待できないシミが「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」。

 

シミウスジェル効果

 

脂漏性角化症は別名「年寄りイボ」とも言われ、特に顔などの紫外線が当たる皮膚に多発するシミのことです。

 

一見すると、ほくろと見分けがつきにくいですが、脂漏性角化症は爪で削るとポロポロとかさぶたのように剥がれ落ちる特徴があります。

 

シミと混じって存在することが多く、最初シミだったものが盛り上がって脂漏性角化症に変化する場合も。

 

脂漏性角化症は皮膚の形態そのものが変化しているために、シミウスジェルを使っても薄くなることはありません。

 

もし、脂漏性角化症を改善したいなら皮膚科や美容クリニックの受診をおすすめします。

 

その他のシミを詳しくみてみる

 

上記でお伝えしたように脂漏性角化症であればシミウスジェルは効果がありません。

 

逆に、この脂漏性角化症以外のシミであれば継続して使うことで効果を実感できる可能性があります

 

ここからは、脂漏性角化症以外のシミについて説明していきますね。

 

老人性色素斑

シミウスジェル効果

 

老人性色素斑って聞くと、お年寄り(老人)にできそうなシミに思いますが、これは紫外線によるシミの代表格です。

 

紫外線対策をしないと早い人では20代から現れる場合もありますが、多くは40代以降で、50代になると約8割の人に現れます。

 

老人性色素斑の原因は?

 

老人性色素斑の一番の原因は「紫外線」と「ターンオーバー」の乱れです。

 

紫外線を浴びるとお肌はダメージを受けます。そのダメージを防ごうとメラニンをたくさん作るんです。

 

普通はメラニンがたくさん作られてもターンオーバーが正常であれば、体外へ垢となって排出されるのでシミにはなりません。

 

シミウスジェル効果

 

しかし、紫外線を浴び続けてメラニンが過剰に増えたり、ターンオーバーが滞るとメラニンが排出しきれずに肌に残ってしまいます。

 

この肌に残ったメラニンが色素沈着し老人性色素斑になるんです。

 

そばかす

シミウスジェル効果

 

一時期、そばかすメイクが流行っていたことがありましたが、本物のそばかすに悩んでいる方にとっては厄介者でしかありませんよね。

 

そばかすはシミと似ていますが、そばかすは一つひとつの大きさが比較的揃っていて、鼻を中心として左右対称に広がるのが特徴

 

また子供の頃にできるそばかすは、先天性で遺伝によるものです。

 

そばかすの原因は?

 

子供の頃にそばかすができる場合は、両親にもそばかすがある可能性があります。つまり「遺伝」によるものです。

 

一方、大人になってからできるそばかすの一番の原因はやっぱり「紫外線」

 

紫外線を浴びることによってメラニン色素が増えるためです。

 

また外的刺激や強く擦ることによって肌にダメージが蓄積されると、そばかすが増えたり濃くなったりします。

 

しかし、大人になってからできるそばかすは、女性ホルモンが減少する40代以降に薄くなる場合もあります。

 

炎症後色素沈着

シミウスジェル効果

 

炎症後色素沈着は、肌に起きた炎症の症状が収まった後に残る茶褐色のシミです。

 

紫外線が原因でできる老人性色素斑と似ていますが、この炎症後色素沈着は紫外線が直接の原因ではありません

 

主にニキビや虫刺され、湿疹などの炎症が起きた後にシミとして発症します。

 

炎症後色素沈着の原因は?

 

炎症後色素沈着の原因は、大人ニキビや虫刺され、かゆみなど皮膚へのダメージです。

 

実はこれ以外にも意外な原因があることを知っていますか?

 

それが、間違ったスキンケアです。

 

シミウスジェル効果

 

たとえばメイクを落とす時にゴシゴシと洗顔したり、お肌に合わない化粧品をつかったりするとこの炎症後色素沈着が起きやすいと言われています。

 

またムダ毛処理の際、毛抜きやカミソリで肌を痛めて炎症後色素沈着になる場合もあります。

 

肝斑(かんぱん)

シミウスジェル効果

 

肝斑は頬の両側に左右対称に輪郭がはっきりしない形でモヤッと現れる特徴があります。

 

シミを経験している女性の3人に1人は肝斑と言われるくらいです。

 

肝斑は30〜40代で発症することが多く、50代以降になって発症することは少ないと言われるシミの一つになります。

 

肝斑の原因は?

 

肝斑の一番の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れです。

 

これは妊娠中や生理不順、避妊薬(ピル)を服用することで症状が発症、または悪化するケースが少なくありません。

 

また、ストレスなどでホルモンバランスが崩れることも肝斑は発症する原因といわれています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

以外と自分のシミの種類を分からない女性も少なくありません。

 

シミがあると実年齢よりも確実に老けて見られるだけでなく、シミを隠そうと厚化粧にもなってしまいます。

 

シミの多くの原因は紫外線なので、しっかりと紫外線ケアをしながらシミウスジェルを使ってキレイな肌になりましょう!

 

page top