シミウスは最悪!?効果がない口コミの真相とは!?

シミウスは最悪なの?口コミから見えてきた驚きの真実とは!?

シミウス

 

累計販売数1,000万個を突破した、話題のシミ対策ジェル「シミウス」。

 

40代〜50代のシミに悩んでいる女性に人気ですが、ネットでシミウスと調べると「最悪」という気になるキーワードが。

 

シミウス最悪

 

 

さらには「怪しい」なんてキーワードも。


 

これからシミウスを購入する方にとっては「効果がないのかな?」って、気になりますよね?

 

そこでここでは「シミウスがなぜ最悪なのか?」口コミをまとめらながら、その理由を掘り下げてみたいと思います。

 

この記事を最後まで読むことで、シミウスの最悪の理由がわかりますよ

 

 

シミウスを実際に試したガチな口コミはこちら

 

シミウスは本当に最悪なのか?口コミを調べてみた。

 

ここでは、国内最大級の口コミサイト「アットコスメ」でシミウスの口コミを調べてみました。

 

シミウスのアットコスメの口コミ

 

シミウスは、口コミ件数が2,000件オーバーの人気のシミ対策ジェルで、評価も☆5.1と高評価を得ています。

 

さらに、元プロテニスプレイヤーの杉山愛さんも愛用していることで話題です。

 

 

ただ、アットコスメで高評価でも杉山愛さんが愛用していようとも、全ての方が効果を実感できる訳ではなく・・・

 

シミウスの辛口の口コミは?

 

【42歳/混合肌】

 

今あるシミにも、シミ予防にも効くというので、ものすごく期待をして購入しました。結果、2ヶ月たちましたが、シミ、全然変わりません。輪郭がぼやけて・・・・、とかちょっと薄く・・・・とか、全く全然効果なしです。

 

引用:アットコスメ

【43歳/混合肌】

 

シミに効果があると言うことで購入しました。ちょうど1つ使い切ったところですが、シミが薄くはなっていません。(美容のマイクロスコープ?を持っているので目に見えない所まで確認済み)使用感は良いのですが、既に持ってる半額以下のジェルと変わらないのでコスパは悪いと思います。

 

引用:アットコスメ

【44歳/乾燥肌】

 

残念ながら私には合いませんでした。使用して数日で口の周りに細かい赤いプツプツができてしまいました。評価が高いので合う方には良いのだと思います。期待していたので残念です。

 

引用:アットコスメ

【44歳/混合肌】

 

乾燥肌、シミに悩んでいたので、保湿、美白効果のあるこの商品を選びました。1週間ほど経って顔の色が明るくなった気はしました。しかし、もともと口周りが日中に粉が吹いた状態になるのも悩んでいたので、効果を期待しましたが逆にひどくなり…。別のオールインワンのサンプルを試した所改善されました。

 

引用:アットコスメ

 

このように、シミウスを実際に使って辛口の口コミがあることも事実です。

 

シミウスの辛口の口コミをまとめると

 

  • シミが全然消えない
  • 肌荒れを起こした
  • 効果の割にはコスパが悪い
  • 使用感がベタつく

 

こんな感じです。残念ながら、全ての方に効果がある商品はこの世に存在しません。

 

なので、このような辛口の口コミがあることは当たり前なんです。

 

でも、辛口の口コミを調べていると、シミウスが最悪だと言う共通点が見つかりました。

 

シミウスが最悪だという共通点とは?

 

シミウスの口コミを調べていると「最悪」以外にも「怪しい」「騙された」などのキーワードが出てきますが、そのネガティブなキーワードには「ある共通点」があることがわかりました。

 

その共通点が

 

  1. 短期間しか使っていない
  2. シミの種類によっては効果がない

 

この2つでが、特に40代の女性の口コミに多いイメージがある感じです。

 

短期間しか使っていない

 

シミウスは医薬部外品で、医薬品ではないので即効性はありません。

 

医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されている商品のことです。

 

医薬品は「病気の治療」を目的としていますが、医薬部外品は「予防」を目的につくられています。

 

 

つまり、体に対する作用がおだやかなのです。


 

さらに、シミが薄くなるには「ターンオーバー」が大きく関係しています。

 

ターンオーバーを分かりやすく言うと「肌の生まれ変わり」です。

 

肌のターンオーバー

 

肌の厚さはわずか0.2mmしかありませんが、その厚さの中に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造でできています。

 

さらに、表皮も「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の4層でできています。

 

基底層で生まれた細胞が、形を変えながら肌の表面まで押し上げられ、最後は垢となって剥がれ落ちる一連の流れがターンオーバーです。

 

で、ターンオーバーの周期は28日と言われていますが、これは20代までの話し。

 

ターンオーバーの日数

 

ターンオーバーは30代では約40日、40代では約55日、50代になると1回のターンオーバーに約75日もかかってしまいます。

 

 

20代と40代では倍の時間がかかります。


 

つまり、40代になると約2ヵ月に1回しかターンオーバーが行われないので、シミが剥がれ落ちるまでには時間がかかるのです。

 

しかも、1回のターンオーバーで全てのシミが剥がれ落ちるわけではなく、数回のターンオーバーを繰り返すことで徐々に薄くなるので、効果を実感できるまでには必然的に時間がかかります。

 

なので「そんなに待てないよ!」という方はシミウスを使うよりも、美容外科や美容皮膚科でのレーザー治療をおすすめします。

 

レーザー治療は保険適用外になるので、クリニックに価格を問い合わせてください。

 

シミの種類によっては効果がない

 

口コミを調べていると、1年以上や中には「3年使ってもシミが消えない!」など、長期間使っても効果を実感できない場合は、シミウスでは改善できないシミの可能性が考えられます。

 

シミと一言でいっても

 

  1. 日光性黒子(老人性色素斑)
  2. 炎症後色素沈着
  3. 肝斑(かんぱん)
  4. そばかす(雀卵斑)

 

の4種類があります。では、それぞれの特徴を見ていきましょう!

 

日光性黒子(老人性色素斑)

 

日光性黒子は、生まれてから今まで浴び続けてきた「紫外線の積み重ね」によってできるシミです。

 

日光性黒子

 

このシミは、年齢と共に濃くなる傾向にあり「老人性色素斑」とも呼ばれ、シミのほとんどは日光性黒子になります。

 

炎症後色素沈着

 

やけどやニキビ、虫刺されなどによって、肌が炎症を起こしその炎症が治まったあとに生じる褐色のシミが「炎症後色素沈着」です。

 

炎症後色素沈着

 

炎症後色素沈着は、時間の経過と共に自然に消えることが多いシミですが、消えるまでに数年かかったり、日焼けにより色素沈着がより目立つようになって、消えにくくなる場合もあります。

 

肝斑(かんぱん)

 

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因で起るシミで、女性ホルモンが崩れがちな30〜50代の女性に多く見られます。

 

肝斑

 

肝斑は頬骨に沿って、左右対称にできるのが特徴。

 

女性ホルモンが崩れるとメラノサイトが活性化され、黒色メラニンが多くつくられシミとなって現れるのが肝斑です。

 

雀卵斑(そばかす)

 

頬や鼻の周りなどに、直径数ミリ以下の小さな斑点が広がるシミが「そばかす」です。

 

そばかす

 

そばかすは、雀の卵の殻に似ているので「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれています。

 

そばかすは遺伝的な要因が強く、3歳頃から見られ特に思春期には目立つようになりますが、それ以降は徐々に薄くなるとも言われています。

 

※個人差はあります。

 

このようにシミと言っても、大きく分けて4種類あり、それぞれに原因が異なってきます。

 

なので、シミウスを使っても効果を実感できないシミもあり、それが「最悪」という口コミにつながっていくのです。

 

 

シミウスを実際に試したガチな口コミはこちら

 

シミウスの最悪は嘘!?効果が期待できるシミはコレ!

シミウス

 

では、シミウスを使って効果を実感できるシミはどれでしょう。

 

結論から言うと「日光性黒子」と「炎症後色素沈着」の2種類のシミに効果が期待できます。

 

これら2種類のシミができる原因は「紫外線の影響」と「炎症」です。

 

紫外線で発生する日光性黒子

 

日光性黒子は、若い頃から浴び続けた紫外線が蓄積されてできるシミです。

 

シミができる原因

 

紫外線を浴びると肌を守ろうと、表皮細胞が活性酸素を発生。活性酸素が発生すると、メラノサイトに「メラニンを作って!」と指令を出します。

 

そして、大量につくられたメラニンが肌の表面まで上がりシミ(日光性黒子)となって現れるのです。

 

日光性黒子は、長年蓄積された紫外線の量によりシミの数や濃さが違ってきます。

 

肌の炎症によって起る炎症後色素沈着

 

実は、虫刺されやニキビなどの炎症によってもシミはできるのです。

 

炎症後色素沈着

 

虫刺されやニキビなどの炎症から肌を守ろうと、メラニン色素が生成されます。

 

本来なら、ターンオーバーによりメラニン色素は皮膚の外側に押し出され次第に薄くなるのですが、ターンオーバーが正常に行われないと色素沈着のまま肌に残り、シミとなって消えにくくなります。

 

2種類のシミに効果が期待できる有効成分

 

このように、日光性黒子と炎症後色素沈着は「紫外線」と「炎症」が原因です。

 

そこで、シミウスにはこの2つの原因にアプローチする有効成分を配合しています。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草(かんぞう)の根や茎から抽出された成分で、抗炎症作用、抗アレルギー作用があるのが特徴。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

紫外線やニキビによって起こる炎症をブロックすることで、シミの原因になるメラノサイトの生成を抑えてくれます

 

グリチルリチン酸ジカリウムは強力な抗炎症作用がありますが、植物由来なので肌に刺激が少ないのがポイント。

 

アトピー性皮膚炎の方でも使えるくらいやさしいので、敏感肌の方でも安心して使える成分です。

 

プラセンタエキス

 

プラセンタエキスは、紫外線や虫刺されなどによって増える活性酸素の働きを抑える作用があります。

 

プラセンタエキス

 

肌は紫外線や虫刺されなどの外的刺激から守ろうと、大量の活性酸素を発生させるのですが、この活性酸素が増えすぎてしまうとメラニンがたくさんつくられシミの原因になってしまうのです。

 

 

活性酸素の発生を抑えることで、シミをできにくくしてくれるのですね。


 

また、プラセンタエキスはターンオーバーを正常にする働きもあります。

 

ターンオーバーが乱れるとシミを上手く排出できなくなるので、シミを改善するにはターンオーバーを整えることは大切です。

 

このように2つの有効成分がシミのできる原因に働きかけることで、今あるシミだけでなく「これからできるシミの予防」にも効果を発揮してくれます。

 

シミウスを実際に使った人の口コミ評判は?

 

「シミウスは最悪」という口コミがある一方で、効果を実感している方もたくさんいることも事実。

 

そこでここでは、シミウスを使って効果を実感できた口コミを紹介します。

 

シミウスの良い口コミ

 

【43歳/乾燥肌】

 

お顔全体がワントーン明るくなり、気になっていた目元の茶シミと頬骨の黄ジミ、ニキビ痕がうすくなりました!使い続けるとより効果があるかと期待しています。

 

引用:アットコスメ

【55歳/乾燥肌】

 

みずみずしいジェルが気持ちよいです。刺激もなく優しい感触で、伸びが良くてマッサージにも最適です。肌のトーンが明るくなって、ファンデーションがかなり薄くても大丈夫になりました。シミやくすみが目立たなくなってきた気がします。今まではコンシーラーでシミやクマを隠していましたが、このごろは使わなくなりました。

 

引用:アットコスメ

【49歳/混合肌】

 

とてもマッサージしやすいテクスチャーです。顔につけて、リンパに沿って書かれているとおりにマッサージすると、むくみもとれて、肌も明るくなります。まだ2ヶ月ですが、少しシミが薄く、ニキビ跡も目立たなくなってきたように感じています。

 

引用:アットコスメ

【40歳/混合肌】

 

正直なところ、オールインワンって商品によって物足りなさを感じることが多い私。付けてすぐはしっとり潤うなどあまり実感がなかったのですが、時間が経つにつれて付けている感はほとんどないのにすごく肌状態が整います♪

 

引用:アットコスメ

 

このように、シミウスを使って効果を実感できた口コミも多数投稿されています。

 

良い口コミをまとめると

 

  • シミが薄くなってきた
  • 肌がワントーン明るくなった
  • 高保湿で肌のうるおい感が違う
  • 敏感肌でも刺激がなく使える
  • オールインワンなのでケアが楽チン

 

こんな感じです。シミウスはオールインワンなので、シミができやすい子育て世代や仕事、家事に忙しい女性に人気のシミケア商品

 

内容量もたっぷり入っているので、たくさん使っても1ヵ月余裕で持つ伸びの良さもポイントです。

 

1本使い切っても返金してくれる「30日間返金保証」も付いているので、初めての方でも安心して使うことができますよ♪

 

 

 

page top