シミの原因ってなに?世界一わかりやすく解説します!

驚愕の事実!シミの原因はまさかのアレだった!?

シミの原因

 

若い頃は全然気にしていなかった「シミ」。

 

それが気つくとポツポツとシミの赤ちゃんが出てきて、40代以降になるとそのシミが濃くなって化粧でもカバーしきれなくなりませんか?

 

シミの一番の原因は「紫外線」ですが実は、紫外線だけがシミの原因ではありません。

 

そこでここでは、シミの原因を詳しくお伝えしていきます。

 

シミの原因は紫外線から肌を守るメラニン色素の増加

 

皮膚は外側と内側の2重構造でできていますが、シミは外側の皮膚に大きく関わっています。

 

紫外線を浴びると肌を守るために活性酸素が発生し、メラニンがつくられ肌を有害な紫外線から守ってくれます。

 

シミができる原因

 

実は、メラニンは天然の日焼け止めともいわれ、紫外線を肌の内側に入れないようにガードする役割があるんです。

 

メラニンがつくられないと紫外線が肌の奥まで浸透し、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えその結果、たるみや深いしわができてしまいます。

 

メラニンは悪者のイメージがありますが、身体にとっては大切な存在なんです。

 

で、本来ならこのメラニンは肌のターンオーバーによって肌の奥から押し上げられて、垢となって剥がれ落ちていくのでシミになることはありません。

 

肌のターンオーバー

 

私たちの皮膚では、一番下にある基底層で毎日新しい細胞が生み出されています。

 

そして、その細胞がどんどん上へ押し上げられて肌表面でしばらく留まってから、垢となって剥がれ落ちる一連の動作が「ターンオーバー」です。

 

しかし、加齢やさまざまな要因によりターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニンが排出されずに肌に留まってしまいます

 

このメラニンが肌に留まった正体が「シミ」なのです。

 

肌のターンオーバーは20代では28日周期ですが、40代では約55日、50代になると約75日もかかると言われています。

 

また、不規則な生活やストレスも体や肌の老化を促す「活性酸素」を増加。

 

この活性酸素がメラノサイトを刺激して、たくさんのメラニンをつくるのでシミになりやすいとも言われています。

 

シミの種類と特徴

 

シミと一言でいっても以下の5種類があります。

 

  1. 脂漏性角化症
  2. 老人性色素斑
  3. ソバカス
  4. 炎症後色素沈着
  5. 肝斑(かんぱん)

 

脂漏性角質症

脂漏性角質

 

脂漏性角化症は別名「年寄りイボ」とも言われ、特に顔などの紫外線が当たる皮膚に多発するシミのことです。

 

一見すると、ほくろと見分けがつきにくいですが、脂漏性角化症は爪で削るとポロポロとかさぶたのように剥がれ落ちる特徴があります。

 

シミと混じって存在することが多く、最初シミだったものが盛り上がって脂漏性角化症に変化する場合も。

 

脂漏性角化症は、皮膚の形態そのものが変化しているため、シミケア商品を使っても薄くなることはありません。

 

もし、脂漏性角化症を改善したいなら皮膚科や美容クリニックの受診が必要です。

 

老人性色素斑

老人性色素斑

 

老人性色素斑って聞くと、お年寄り(老人)にできそうなシミに思いますが、これは紫外線によるシミの代表格です。

 

 

一般的に言われる「シミ」はこれです。


 

老人性色素斑は、褐色〜黒色の1cm前後のシミで、紫外線を浴びやすい顔や手の甲、腕に現れやすい特徴があります。

 

紫外線対策をしないと、早い人では20代から現れる場合もありますが、多くは40代以降で、50代になると約8割の人に現れるシミです。

 

老人性色素斑の原因は?

 

老人性色素斑の一番の原因は「紫外線」と「ターンオーバー」の乱れ。

 

紫外線を浴びると、お肌はダメージを受けます。そのダメージを防ごうとメラニンをたくさん作るんです。

 

ターンオーバーの乱れ

 

通常はメラニンがたくさん作られてもターンオーバーが正常であれば、体外へ垢となって排出されるのでシミにはなりません。

 

しかし、紫外線を浴び続けてメラニンが過剰に増えたり、ターンオーバーが滞るとメラニンが排出しきれずに肌に残ってしまいます。

 

この肌に残ったメラニンが色素沈着し老人性色素斑になるんです。

 

そばかす

そばかす

 

一時期、そばかすメイクが流行っていたことがありましたが、本物のそばかすに悩んでいる方にとっては厄介者でしかありませんよね。

 

そばかすはシミと似ていますが、そばかすは一つひとつの大きさが比較的揃っていて、鼻を中心として左右対称に広がるのが特徴

 

また子供の頃にできるそばかすは、先天性で遺伝によるものです。

 

そばかすの原因は?

 

子供の頃にそばかすができる場合は、両親にもそばかすがある可能性があります。つまり「遺伝」によるものです。

 

一方、大人になってからできるそばかすの一番の原因はやっぱり「紫外線」。

 

紫外線を浴びることによって、メラニン色素が増えるためです。

 

また、外的刺激や強く擦ることによって肌にダメージが蓄積されると、そばかすが増えたり濃くなったりします。

 

しかし、大人になってからできるそばかすは、女性ホルモンが減少する40代以降に薄くなる場合もあります

 

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着

 

炎症後色素沈着は、肌に起きた炎症の症状が収まった後に残る茶褐色のシミです。

 

紫外線が原因でできる老人性色素斑と似ていますが、この炎症後色素沈着は紫外線が直接の原因ではありません

 

主にニキビや虫刺され、湿疹などの炎症が起きた後にシミとして発症します。

 

炎症後色素沈着の原因は?

 

炎症後色素沈着の原因は、大人ニキビや虫刺され、かゆみなど皮膚へのダメージです。

 

実はこれ以外にも意外な原因があることを知っていますか?

 

それが、間違ったスキンケアです。

 

間違ったスキンケア

 

たとえばメイクを落とす時にゴシゴシと洗顔したり、お肌に合わない化粧品をつかったりするとこの炎症後色素沈着が起きやすいと言われています。

 

またムダ毛処理の際、毛抜きやカミソリで肌を痛めて炎症後色素沈着になる場合もあります。

 

肝斑(かんぱん)

肝斑

 

肝斑は、頬の両側に左右対称に輪郭がはっきりしない形でモヤッと現れる特徴があります。

 

シミを経験している女性の3人に1人は肝斑と言われるくらいです。

 

肝斑は30〜40代で発症することが多く、50代以降になって発症することは少ないと言われるシミの一つになります。

 

肝斑の原因は?

 

肝斑の一番の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れです。

 

これは妊娠中や生理不順、避妊薬(ピル)を服用することで症状が発症、または悪化するケースが少なくありません。

 

また、ストレスなどでホルモンバランスが崩れることも肝斑は発症する原因といわれています。

 

シミができてしまった!そんな時の対策は?

 

一度できてしまったシミは治りにくいと言われていますが、紫外線対策やシミケア商品を根気強く使うことで改善することも可能です。

 

上記でもお伝えしましたが、シミにはいくつかの種類がありそれに合わせた成分や対策を取ることが重要になります。

 

そこでここからは、効果的なシミケア対策法を紹介していきます。

 

医療機関でのシミ対策

医療機関でのシミ対策

 

シミを手っ取り早くケアしたいなら、美容皮膚科がおすすめです。

 

美容皮膚科でできるシミ取りは以下の2種類。

 

  1. レーザー治療
  2. 光治療

 

レーザー治療は、シミができている部分に直接レーザーを当てることで、皮膚に小さな「穴」を開け、そこからシミの元である古い角質を出す方法です。

 

またレーザー治療には、メラニン色素を直接破壊する機械もあります。

 

一方の光治療は、肌にゲルを塗りそこにレーザーよりも強力でない光を当てることで、シミを薄くしていく治療法です。

 

一回でシミが消えるわけではなく、数回かけて徐々にシミを薄くしていくので肌に負担がかからないのがメリット。

 

肌へのダメージが少なく、高い効果が期待できるので人気になっています。

 

 

レーザー治療も光治療も保険適用外です。


 

自由診療なので値段は一概には言えませんが、1回5,000円〜で、治療回数も数回必要になります。

 

肝斑にはトラネキサム酸の内服も効果的

トラネキサム酸

 

30〜40代の女性に多く現れる肝斑は妊娠やピルの服用を機会に、発症することが多いと言われています。

 

ですので「肝斑はホルモンバランスの乱れ」が影響を与えているとも。

 

ホルモンバランスの乱れ以外にも、ストレスや紫外線、洗顔時にゴシゴシこするなどの外的刺激によっても肝斑を悪化させると言われています。

 

この肝斑に効果が期待できる成分が「トラネキサム酸」。

 

トラネキサム酸は、メラニンをつくるメラノサイトの活性化をブロックしてくれる役割があります

 

メラニン色素ができる原因

 

トラネキサム酸は肝斑を改善する医薬品として今、最も注目を集めている成分です。

 

ドラッグストアなどでも市販薬として売られているので、肝斑で悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

シミケア商品を使う

シミケア市販品

 

確実にシミケアをしたいなら、医療機関で治療することが一番ですが、「近くに治療してくれるクリニックがない、通う時間がない、お金もない」そんな方は、シミケア商品を使ってみてはいかがでしょうか。

 

シミケア商品は、メラニン色素を抑制してくれる商品や、肌のターンオーバーを促進してシミを薄くしていく商品など様々です。

 

シミに効果が期待できる成分としては

 

  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アルブチン
  • トラネキサム酸

 

などがあります。商品のパッケージを確認して、これらの成分が配合されている商品を使いましょう。

 

ただし、医薬品ではないので「シミを完全に消すことは難しい」と、考えておいてください。また、即効性はないので継続した使用が必要になります。

 

 

シミを予防するには?

シミを予防する方法

 

誰でもシミがない肌になりたいものです。できれば赤ちゃんのようなゆで卵のような肌に・・・。

 

しかし、現実は加齢や紫外線、ストレス、生活習慣などで肌は老化してシミができてしまいます。

 

「歳だから・・・。」って、諦めてしまってはお終いです。何もしないで放置すれば新たなシミはもちろん、今あるシミも濃くなるだけ。

 

ここからは、シミの予防法についてお伝えしていきます。

 

紫外線対策を徹底的に!

 

シミの一番の原因はやっぱり「紫外線」。

 

紫外線は春から夏にかけて強くなりますが、基本的には1年中降り注いでいます

 

紫外線の量

 

引用:資生堂

 

さらに、曇っているからと油断することは禁物。曇りの日も紫外線はバンバン出ています。

 

紫外線対策と言えば日焼け止めを思い浮かべると思いますが、それにプラスして日傘や帽子、長袖、長ズボン、サングラスを使って>紫外線から肌を守ってあげる事が大切です。

 

正しいスキンケアをする

正しいスキンケア

 

シミを防ぐには「徹底した保湿」をする事が大事。

 

肌が乾燥しているとバリア機能が低下してしまい、紫外線や外的刺激からの影響を受けやすくなります。

 

なので、お風呂上がりや洗顔後には保湿を心がけましょう。セラミドが配合された保湿クリームやローション、美容液がおすすめ。

 

また、洗顔する際は顔をゴシゴシと洗うことはNGです。

 

ゴシゴシ洗うと刺激によって色素沈着が起こり、シミの原因になります

 

洗顔する際はしっかりと泡を立てて、優しく洗うようにしましょう。また、ぬるま湯でしっかりと洗い流し、タオルで水気を拭き取る時もやさしく行いましょう。

 

ターンオーバーを整える

 

メラニンを抑えてシミを予防するなら「ターンオーバーを整える」ことも忘れてはいけません。

 

ターンオーバーの周期

 

上記でもお伝えした通り、通常のターンオーバーの周期は28日と言われています。

 

ただしこの28日周期は20代の話しであって、年齢が上がるに連れて周期日数も増えていくのです。

 

ターンオーバーの周期

 

 

歳を取るとターンオーバーの周期が長くなることは仕方ありません。女優さんだって避けては通れない道なんです。


 

このターンオーバーの周期が長くなることで、本来なら排出されるメラニンが角質(垢)となって剥がれ落ちずに肌内部に留まります。

 

そうするとシミの原因になるだけでなく、角質が古く固いので肌はゴワつきくすんで見えるようになってしまうんです

 

ターンオーバーを整えるには

 

  • ストレスを溜めない
  • 生活習慣を見直す
  • 良質な睡眠時間の確保
  • スキンケア商品を使う

 

など、さまざまありますが特にビタミンCはメラニン抑制にも効果が期待できるので、積極的に摂るようにしましょう。

 

ターンオーバーにおすすめの食材
ビタミンA レバー、うなぎ、ニンジン・春菊・ほうれん草など緑黄色野菜
亜鉛 牡蠣、小麦胚芽、チーズ、レバーや赤身肉など
ビタミンC ピーマン、キウイ、ジャガイモ、ブロッコリー、オレンジなど
ビタミンB6 牛レバー、鶏ささみ、かつお、まぐろ、さば、バナナなど
ビタミンE ごま油、ナッツ類、アボカド、赤ピーマンなど

 

また、古い角質を除去するには「ピーリング」もおすすめです。

 

ピーリングとは、古い角質を剥がしてターンオーバーを促進し、肌トラブルを改善すること。

 

最近ではフルーツ酸を用いたピーリング剤も販売されているので、これらを活用してみてもよいでしょう。

 

パイナップルやリンゴから抽出されたフルーツ酸は分子が非常に小さいので、肌に浸透しやすく真皮を傷つける心配も少なく、敏感肌さんでも安心して使うことができます。

 

ピーリングは多くても1ヵ月に1回にしましょう。月に何回も行うと逆にターンオーバーが乱れ、肌荒れの原因になってしまいます。

 

しっかりと睡眠をとる

シミウスジェル

 

「寝不足は顔に出る」と言うくらい、睡眠不足はお肌にとって大敵です。

 

睡眠中に成長ホルモンやお肌の再生、修復がおこなわれますので、夜更かしはしないで6〜7時間の睡眠をしっかり取るように心掛けてください

 

良質な睡眠は新陳代謝が向上し、ターンオーバーも正常化します。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

メラニンは悪者のイメージがありますが、私たちの肌を守ってくれる大事な存在です。

 

シミやくすみのない肌は憧れますが、肌のメカニズムを考えれば残念ながら不可能なんです。

 

出来てしまったシミ対策も大切ですが、一番大事な事は「予防」

 

シミができにくくなるように紫外線対策や保湿、ピーリングなどでターンオーバーを整えることがキレイな肌を維持するポイントです。

 

 

 

page top