世界一わかりやすいメラニンとシミの関係を解説!

メラニンとシミの関係を詳しく解説!

シミウスジェル

 

年齢と共に増えていく「シミ」。

 

シミの原因は様々ありますが、その中でも「紫外線」が大きく関係していることはよく知られています。

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が増えると言われていますが、実際どのようなメカニズムになっているのか?分からない方も少なくありません。

 

そこで、紫外線とメラニン色素の関係を分かりやすく解説していきたいと思います。

 

メラニンは「悪者?」「善人?」その役割とは?

 

「メラニン色素」という言葉に、敏感になる女性もいるのではないでしょうか?

 

メラニン色素はシミを作る原因と言われ厄介者扱いされていますが、実はメラニンは私たちの肌や体を守ってくれる大切な物質なのです

 

メラニン色素には2種類ある

 

肌の色はメラニンが関係していることはご存知かと思いますが、髪の色もメラニンが作っているんです。

 

たとえばアフリカ系の人種の方は髪や肌の色が濃いですよね。

 

これは「ユーメラニン」というメラニンで、日本人の髪が黒いのもユーメラニンのためです。

 

一方、白人系の方は「フェオメラニン」と言う赤〜黄色系の比率が高く、さまざまな髪の色、皮膚の色が生まれます。

 

この2種類のメラニンを今は総称として「メラニン」と言っているのです。

 

メラニンの役割は?

 

メラニンの役割を簡単に言うと「肌を守ってくれるゴールキーパー」のような存在です。

 

紫外線を浴びると「活性酸素」と言う体をサビさせる物質が発生します。

 

この活性酸素を抑制して、肌の細胞を守ってくれる役割がメラニンなんですね

 

紫外線を浴び続けると、皮膚トラブルや皮膚がんになる可能性が高くなると言われています。

 

肌や細胞を守るためにメラニン色素をたくさん作って、真皮に紫外線が届かないようにしてくれる本来なら「善人」の役割をしてくれるのです。

 

メラニン色素ができる仕組みは?

 

シミウスジェル

 

紫外線には身体に有害な物質が含まれています。これを長時間浴びることによって

 

  1. 紫外線から肌を守るために活性酸素が発生
  2. 活性酸素が「メラニンを作れ!」と命令する
  3. 生成されたメラニンが肌の上へ運ばれる
  4. 肌表面が黒ずんで見える

 

分かりやすく言うと、大体こんな感じです。

 

まず、紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生しますが、活性酸素は紫外線から細胞を守ってくれる働きをしてくれます

 

ただ、余りにも活性酸素が増えすぎると逆に肌老化を早めてしまうので「肌を守りなさい!」と、メラノサイトと言う物質にメラニンを作るように指令が出るのです。

 

するとメラノサイトは「シミの元」になるメラニンを作りターンオーバーによって、黒褐色の色素が肌表面に押し上げられ肌が黒くなります

 

美白化粧品の役割は、メラニンを作る命令を抑制する働きがあるので、シミになる前にブロックしてくれる成分なのです。

 

多くの女性が「シミも日焼けもしたくな!」と、考えますよね。

 

私もその1人ですが、メラニンは紫外線や活性酸素からお肌や体を守ってくれる大切な存在なのです。

 

紫外線を浴びた時にメラニンが作られなければ、真皮までダメージを受けて結果、それが皮膚がんにつながることもあります。

 

ですので「メラニンと上手に付き合う」ことが大事なんですね。

 

メラニンが蓄積してシミになるメカニズム

 

このようにメラニンは、私たちの体を守ってくれるゴールキーパーの役割を果たしています。

 

本来ならばメラニンはターンオーバーにより垢となって剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが乱れることでメラニンが蓄積されて「シミ」になるんです

 

シミウスジェル

 

正常なターンオーバーは28日周期と言われていますが、40代では約55日もかかると言われています。

 

ターンオーバーの周期が長くなると当然、メラニンが排出されずに肌に残ってしまいますが、逆にターンオーバーが早くても細胞が未熟なために十分に機能を果たせず、シミができることもあります。

 

メラニンを抑えてシミを予防するには

 

シミを予防するにはメラニンを抑制することが大事ですが、どのようにケアしていけば良いかをお伝えしていきます。

 

ターンオーバーを整える

 

メラニンを抑えてシミを予防する手っ取り早い方法が「ターンオーバーを整える」ことです。

 

シミウスジェル

 

上記でもお伝えした通り、通常のターンオーバーの周期は28日と言われています。

 

ただしこの28日周期は20代のターンオーバーであって、年齢が上がるに連れて周期日数も増えていくのです

 

シミウスジェル

 

 

歳を取るとターンオーバーの周期が長くなることは仕方ありません。女優さんだって避けては通れない道なんです。


 

このターンオーバーの周期が長くなることで、本来なら排出されるメラニンが角質(垢)となって剥がれ落ちずに肌内部に留まります。

 

そうするとシミの原因になるだけでなく、角質が古く固いので肌はゴワつきくすんで見えるようになってしまうんです

 

ターンオーバーを整えるには

 

  • ストレスを溜めない
  • 生活習慣を見直す
  • 良質な睡眠時間の確保
  • スキンケア商品を使う

 

など、さまざまありますが特にビタミンCはメラニン抑制にも効果が期待できるので、積極的に摂りたいですね。

 

ターンオーバーにおすすめの食材
ビタミンA レバー、うなぎ、ニンジン・春菊・ほうれん草など緑黄色野菜
亜鉛 牡蠣、小麦胚芽、チーズ、レバーや赤身肉など
ビタミンC ピーマン、キウイ、ジャガイモ、ブロッコリー、オレンジなど
ビタミンB6 牛レバー、鶏ささみ、かつお、まぐろ、さば、バナナなど
ビタミンE ごま油、ナッツ類、アボカド、赤ピーマンなど

 

また、古い角質を除去するには「ピーリング」もおすすめです。

 

ピーリングとは

 

古い角質を剥がしてターンオーバーを促進し、肌トラブルを改善すること。

 

最近ではフルーツ酸を用いたピーリング剤も販売されているので、これらを活用してみてもよいでしょう。

 

パイナップルやリンゴから抽出されたフルーツ酸は分子が非常に小さいので、肌に浸透しやすく真皮を傷つける心配も少なく、敏感肌さんでも安心して使うことができます。

 

ピーリングは多くても1ヵ月に1回にしましょう。月に何回も行うと逆にターンオーバーが乱れ、肌荒れの原因になってしまいます。

 

1年中、紫外線対策を行いましょう!

シミウスジェル

 

日差しが強い夏場は、多くの方が日焼け対策を実施していると思います。

 

ですが秋や冬になると、紫外線対策をしなくなる方が増えるんです。

 

実は、夏場の紫外線は日焼けを引き起こす原因になりますが、秋や冬の紫外線は真皮にまでダメージを与えることも

 

さらに「室内にいるから安心」って油断は禁物。紫外線は簡単にガラスを超えて、お肌に直撃します。

 

なので、1年中日焼け対策を実施することが、キレイな肌を保つためには必要になるんですね。

 

保湿もしっかりと!

シミウスジェル

 

シミだけでなく、肌トラブルの多くが「肌の乾燥」が関係しています。

 

肌が乾燥しているとバリア機能が低下するので、紫外線や外的刺激からの攻撃に無防備な状態に。

 

そうすると肌はますます水分が蒸発し、角質がめくれ上がったり粉を吹いたりしてしまいます。

 

特に秋から冬の間は暖房を使うので肌は乾燥気味に。

 

しっかりと保湿をすることでバリア機能も向上するので、外的刺激から肌を守ってくれます

 

 

1日2回(朝・夜)を目安に保湿をしましょう。乾燥がひどい時は保湿の回数を増やしてもOKです。


 

保湿化粧品にはローションタイプや乳液、クリームタイプなどがあるので、自分に合った商品を使うようにして下さいね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

メラニンは悪者のイメージがありますが、私たちの肌を守ってくれる大事な存在です。

 

シミやくすみのない肌は憧れますが、肌のメカニズムを考えれば残念ながら不可能なんです。

 

出来てしまったシミ対策も大切ですが、一番大事な事は「予防」

 

シミができにくくなるように紫外線対策や保湿、ピーリングなどでターンオーバーを整えることがキレイな肌を維持するポイントですよ♪

 

 

○合わせて読みたい記事

 

シミの原因と解決策は?

page top