シミの原因と解決策は?

40代のシミの原因と解決法を紹介!

シミウスジェル

 

40代以降に気になるシミ。薄いうちは化粧でもカバーできますが、シミは放っておくとどんどんと濃くなって化粧でもカバーできなくなります

 

シミがあると老けて見られるので、何とか薄くしたい方も多いはず。

 

そこでここでは、シミの原因と出来てしまったシミを薄くしていく解決策を紹介していきます!

 

そもそもシミの原因は?

紫外線から肌を守るメラニン色素の増加

 

皮膚は外側と内側の2重構造でできていますが、シミは外側の皮膚に大きく関わっています。

 

紫外線を浴びるとシロチナーゼという酵素がたくさんつくられて、メラノサイト内でメラニンと言う色素をつくり、肌を有害な紫外線から守ってくれるのです。

 

本来ならこのメラニンは肌のターンオーバーによって肌の奥から押し上げられて、垢となって剥がれ落ちていくのでシミになることはありません。

 

シミウスジェル

 

しかし、加齢やさまざまな要因によりターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニンが排出されずに肌に留まってしまいます

 

このメラニンが肌に留まったモノを「シミ」と呼ぶのです。

 

肌のターンオーバーは20代では28日周期ですが、40代になると55日もかかると言われています。

 

また、不規則な生活やストレスも体や肌の老化を促す「活性酸素」を増加。

 

この活性酸素がメラノサイトを刺激して、たくさんのメラニンをつくるのでシミになりやすいとも言われています。

 

 

シミの種類

 

シミと一言でいっても、実はさまざまな種類があります。

 

主な代表的なシミは以下の通りです。

 

日光黒子

 

シミの多くはこの日光黒子(にっこうこくし)です。

 

別名、老人性色素斑とも言われ淡い褐色〜濃い褐色の色素斑で、主に顔に出ますが手や背中、腕などの露出が多い場所に出来やすいタイプ。

 

特に中高年以降に多く増え、原因の多くは紫外線によるもがほとんどです

 

雀卵斑

 

雀卵斑(じゃくらんはん)は、いわゆる「そばかす」に当ります。

 

直径数ミリの丸い斑点が顔に現れるシミで、頬や鼻の周りに出来るのが特徴

 

そばかすは幼少期にできる先天性と、大人になってからできる後天性があり、先天性の場合は大人になると薄くなると言われています。

 

炎症後色素沈着

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)は、主にやけどやニキビなど、肌に炎症が起きた後にできるシミです

 

このシミは年齢や性別に関係なくできますが、時間が経てば薄くなることが多いシミになります。

 

肝斑

 

肝斑(かんぱん)は男性よりも女性に多くできるシミで、主に妊娠や経口避妊薬(ピルなど)で発症する傾向にあります。

 

肝斑はそばかすと一見、似ていますが頬骨に沿って左右対称に現れるのが特徴

 

シミができてしまった!そんな時の対策は?

シミウスジェル

 

一度できてしまったシミは治りにくいと言われていますが、紫外線対策やシミケア商品を根気強く使うことで改善することも可能です。

 

上記でもお伝えしましたが、シミにはいくつかの種類がありそれに合わせた成分や対策を取ることが重要になります。

 

医療機関でのシミ対策

シミウスジェル

 

シミの治療としてはシミの元になるメラニンや、メラニンを生産するメラノサイトをケアすることが大切です。

 

レーザー治療や、ケミカルピーリングなどセルフケアでシミ対策ができないものは皮膚科や美容整形で相談することがベスト。

 

ですが、肝斑はレーザー治療すると悪化する場合があるので、しっかりと話し合って決めることが大切です。

 

トラネキサム酸の内服

シミウスジェル

 

30〜40代の女性に多く現れる肝斑は妊娠やピルの服用を機会に、発症することが多いと言われています。

 

ですので「肝斑はホルモンバランスの乱れ」が影響を与えているとも。

 

ホルモンバランスの乱れ以外にも、ストレスや紫外線、洗顔時にゴシゴシこするなどの外的刺激によっても肝斑を悪化させると言われています。

 

この肝斑に効果が期待できる成分が「トラネキサム酸」。

 

トラネキサム酸は、メラニンをつくるメラノサイトの活性化をブロックしてくれる役割があります

 

シミウスジェル

 

トラネキサム酸は肝斑を改善する医薬品として今、最も注目を集めている成分です。

 

シミを予防するには?

シミウスジェル

 

誰でもシミがない肌になりたいものです。できれば赤ちゃんのようなゆで卵のような肌に・・・。

 

しかし、現実は加齢や紫外線、ストレス、生活習慣などで肌は老化してシミができてしまいます。

 

「歳だから・・・。」って、諦めてしまってはおしまいです。

 

何もしないで放置すれば新たなシミはもちろん、今あるシミも濃くなるだけ。

 

ここからは、シミの予防法についてお伝えしていきます。

 

紫外線対策を徹底的に!

シミウスジェル

 

シミの一番の原因はやっぱり「紫外線」。

 

紫外線は春から夏にかけて強くなりますが、基本的には1年中降り注いでいます。

 

さらに、曇っているからと油断することは禁物。曇りの日も紫外線はバンバン出ています。

 

紫外線対策と言えば日焼け止めを思い浮かべると思いますが、それプラス日傘や帽子、長袖、長ズボン、サングラスを使って紫外線から肌を守ってあげる事が大切です

 

正しいスキンケアをする

シミウスジェル

 

シミを防ぐには「保湿」をする事も大事。

 

肌が乾燥しているとバリア機能が低下してしまい、紫外線や外的刺激からの影響を受けやすくなります。

 

なので、お風呂上がりや洗顔後には保湿を心がけましょう。セラミドが配合された保湿クリームやローション、美容液がおすすめ。

 

また、洗顔する際は顔をゴシゴシと洗うことはNGです。

 

ゴシゴシ洗うと刺激によって色素沈着が起こり、シミの原因になります

 

洗顔する際はしっかりと泡を立てて、優しく洗うようにしましょう。また、ぬるま湯でしっかりと洗い流し、タオルで水気を拭き取る時もやさしくおこないましょう。

 

しっかりと睡眠をとる

シミウスジェル

 

「寝不足は顔に出る」と言うくらい、睡眠不足はお肌にとって大敵です。

 

睡眠中に成長ホルモンやお肌の再生、修復がおこなわれますので、夜更かしはしないで6〜7時間の睡眠をしっかり取るように心掛けてください

 

良質な睡眠は新陳代謝が向上し、ターンオーバーも正常化します。

 

page top